鰯の塩辛、槍の鈴【戦国】

やる夫スレのおはなし

Pocket

今回はやる夫スレの感想と紹介を記事にしました。

(・ω・)ノ

鰯の塩辛、槍の鈴

         /7 : : : : : : \   \: : .: :.\/ ,  }
       /:/:.|! : : : : : : /    、\:__:/ / 〈
  ,、 /`:./: :l!: : : : :: __>____    >(__}彡’_ ∧
  |ハ|:: :/: : :!l: : : /’: : : : : : :  ̄ ̄: : : : : : : . . `:┴-. . 、
  \: :V: : : :|l::::〃´ : : : : : : : : :, -‐=三¬_─-..:.:.: 、: .ヽ
    ヽ、:.. : 」/:: : : : : : : :..:.;∠ 丶  ヽ  ヽ\ゝ::::::::::::::::`:.:….ゝ、
     И:/: : : : : : : : : /l  ハ ヽ. ∨ 卜、ゝ、:::::::::::::::::::::::::::::::…
     / : : : : : : : : :/ ! lハ  !、 |、 |`__i  !  ! 、丶、:::::::::::::::::::::::: :
    /: : : : : : : : : :/| ハ |、`、ハハ! j「_V、 .i、 !: ハヽ.!:::::::::::::::::::::::: :/
    ,’: : : : : : : : :/ l .! ナTi.∧ノ リレ/歹ヾレl | .ト、 Vノ::::::::::::::::::::: /
   丿: : : : : : :/ ハ人i./7歹ヾl乂  辷ソノ!ノ丿’ ヽ ヽ:::::::::::::::: /
 /: : : : : : :/:!>、ヽ∧ 辷ソ  、      レ’/:i |: ト、`._:.: -‐
/: : : : : : :/::::::l ! l\ ヽゝ___┌=v7  //!: | l: l-}: )
: : : :;.:..:.’::::::::::::::| レ’ ´ ̄     ̄ ̄ ̄ ̄`´ ̄ ̄`゙゙‐-===-っ
 ’:´:::::::::::::::::::::r’´              _  ,、__ _∠二つ ̄
-‐ ─ 一” ´ ∧           _ -‐<´l/. .lト、/,  ̄ ̄` 、
        L_V⌒-‐’フノTハ ̄ヽ,:   _∧!  l| l/ / ,ィ    `ヽ.
       | {`-=='”  !’ ハ..__ >x〈___ヽ l! l、.} i 、`-=、 }
       i |ヽ,   丿ハ/ }|:::: ̄「!::::::::7ヽ!:、  レ  \./   !
       V ! /ゝ、  /::レ’リ〉:::/!\::::{/ /:::ヽ    /    i
       jレ′}::::∨:::::::::::::::ヘ´\|゚ノ`/ /::::::::::.ヽ  /    .,’

 

鰯の塩辛、槍の鈴

 

タグ:歴史

作者:◆8STvW3993g

まとめサイト:東方やる夫スレ纏め&胡蝶のやる夫

放蕩少女絵日記」「星辰十殺-テンザイア-」の作者さんの新作。

歴史系やる夫スレ作品。

毛利家に仕える元服前の少年やる夫が持ち前の武力を活かしながら相棒の魔理沙と一緒に諸国をブラブラするお話。

観光名所を紹介したり剣術バトルとかしている。

まだまだ始まったばかりですけど、戦国時代なのでたぶんそのうち戦争とかあるかもしれないです。

鰯の塩辛、槍の鈴

放蕩少女絵日記」「星辰十殺-テンザイア-」の作者さんの新作。

上記の二作だけ紹介しようと思ったら新作が投下されていたのでご紹介。

(・ω・)ノ

今作「鰯の塩辛、槍の鈴」は「星辰十殺-テンザイア-」ほどシュールではないけど、ほどほどに似ている感じ。

星辰十殺-テンザイア-」が中華武侠系のトンデモバトルモノなら今作「鰯の塩辛、槍の鈴」は日本の戦国立志伝みたいな風味。

題名から作品の内容が想像できないのは、歴史モノが好きそうな人のセンサーから外れていそうでちょっと残念。

(´・ω・`)

「鰯の塩辛」はたぶん戦国時代に食べられていたの物で、「槍の鈴」はたぶん免許皆伝とかそいういう意味合い…のはずです。

(°▽°)

 

毛利家に仕える国司ダディーの息子、国司やる夫が主人公。

やる夫はお馬鹿だけど才気溢れる少年と言う感じで、元服前でまだまだ大人には及ばない物の行動の端々に将来強くなることを感じさせてくれます。

過去の日本を舞台にしているのに「アウト」とか外来語が普通にチラホラ登場している色々ごった煮の世界観。

毛利家があるので時代設定はたぶん戦国時代。

(´▽`)

やる夫の父親のダディーが滅茶苦茶強かったり、戦闘描写になんちゃって剣術のやり取りが挟まれたりと同じ作者さんなのでバトル描写などの端々が「星辰十殺-テンザイア-」に似た感じですね。

♪(´ε` )

登場人物は東宝プロジェクトが多め。

ガンダム勢の中に水星の魔女のキャラクターが使われていたりするのを見ると最近のやる夫スレだなーと感じます。

真面目に武家をやっているのにその中にデリングやマクギリスが居るのにちょっと笑ってしまいます。

( ´艸`)

多分ヒロインは東方プロジェクトの魔理沙。

魔理沙はやる夫の相棒として商人として活躍してくれます。

物語は上の無茶振りで腹を切らされそうになったり、交易したりなんかでお金を稼ぐのが歴史スレって感じがしますね。

物語はやる夫がダディーに連れられて毛利家を訪ねるところからスタート。

毛利家で身分が上の男の娘に問題を起こしちゃったやる夫。

ほとぼりを覚ますためにやる夫は友人になった魔理沙とその友人の霊夢と共に諸国漫遊。

この辺りは読んでいると観光名所に詳しくなりそうな内容で面白かったですね。

(/・ω・)/ワーイ

旅をしてほとぼりを冷ますと物語のスポットライトは再び毛利家へ。

戦国っぽい時代感なのでこれから戦争とか起きるのかなーという雰囲気で先が楽しみですね。

(*´ω`*)

今作「鰯の塩辛、槍の鈴」の雰囲気としては太閤立志伝が近いかも。

やる夫スレだと戦国や武士と付くとホモホモしたりする作品も多いですが、女の子みたいな男の娘は出て来るものの第一部の途中まで読んだ今のところホモホモしい描写は無し。

…むしろ何時ホモホモしくなるか警戒している私の方がたぶんおかしい。

_(:3 」∠)_

何か以前読んだ作品に脳が汚染されていますね。

(°ω°)

今作は全体的に明るい雰囲気の作品。

才能はあるもののまだまだ青いやる夫が雑魚相手には夢想しながら、名のある剣客には手が届かない感じ。

やる夫は人間的魅力があるせいか、敵対しているはずの人間にも一目置かれて助かる場面も。

雰囲気が色々侍ものって感じですね

ヽ(´▽`)/

作者さんの過去作ではやる夫が何時も酷い目にあっていたので、今作を読みだした時はどんな目にあうのかとドキドキしたものの今のところ地雷要素は無し。

私は普段歴史系のスレはあまり読まないんですが、作者さんの作品を読み漁っていた勢いでこの作品もまとめられている分まで読んでしまいました。

(*´ω`*)

「放蕩少女絵日記」のような作品を期待して作者さんの作品を読みましたが、作者さんの傾向は歴史とか武侠系が多め。

「放蕩少女絵日記」の方がレアだったのかなー?

(*‘ω‘ *)?

今回はこんなところです。

(・ω・)ノ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA